Web コーディング

未経験からwebコーダーになるために絶対押さえておきたいスキルと勉強法

投稿日:2020年1月10日 更新日:

こんにちは。現役webコーダーのmogaです。

未経験からコーダー(フロントエンドエンジニア)になるになるためには、コーディングスキルをある程度まで身につけて、転職活動でアピールすることが重要です。
でも、ほとんど知識がない状態だと一体どうやって勉強したらいいのか迷いませんか?

そこで、今回はコーダーになるために身に着けるべき基本的なスキルとその勉強法を紹介します。
コーディングの勉強はこれからという方はもちろん、HTMLとCSSは少し勉強したけどもっと練習したい!という人にもオススメの教材を紹介します。

ぜひ見ていってくださいね!

そもそもコーダーとは?

コーダーとは、webサイトをインターネット上で表示できるようにコードを書く人のことです。
よく黒い画面に英語の文章を書いているイメージがあるかと思います。

html
これですね。

みなさんが普段インターネットで見ているwebサイトは、実はソースコード(文字)によって作られているのです。

他には「htmlコーダー」や「フロントエンドエンジニア」と呼ばれたりします。
(厳密には「フロントエンドエンジニア」は、もっと高度なプログラミングができる人を指すことが多いです)

コーダーに必要な資格やスキルは?

コーダーになるには何か特別な資格やスキルが必要なのでしょうか?

必要な資格

資格は何もいりません。スキルだけあればOKの実力勝負の世界です。

必要なスキル

コーダーには、HTML、CSS、JavaScriptなどを使って「webサイトを自由に作ることができるスキル」=「コードを書くスキル」が必須です。
コードを書くことを「コーディング」といいます。

コーディングを学び、スキルを身に着けることが未経験からコーダーになるための第一歩なのです。

コーディングの学習方法

コーダーになるにはコードを書くスキルが必要不可欠とお伝えしました。
では、その必要なスキルをどのようにして勉強・習得していくか説明していきますね。

Webで学ぶ

webで手軽に学ぶことができるツールを紹介します。

Progate

Progate

スライドを見て学習し、実際にスライドの内容を実践しながらプログラミングを覚えられるサービスです。
アプリのインストールなどは不要で、web上でできるため誰でも気軽に始めることができます。

ご自身がコーディングすることを「好き」「楽しい」と思えるかどうか、まずはProgateを使って気軽に試してみるのもオススメです。

料金
無料(有料コンテンツあり)

Point

  • ダウンロードが必要なくて手軽
  • 一回一回のレッスンが短く、スキマ時間にできる
  • 1つレッスンが終わるごとにレベルが1上がる!

こんな人にオススメ

  • HTML、CSS、JavaScript初心者
  • 短い時間でサクッと勉強したい人
  • ゲームでレベル上げするのが好きな人!

Udemy

Udemy
受講したい講義の動画を購入し、動画を見ながら講師と同じようにコードを打って学習を進めます。
講師による説明があるのはもちろん、分からなかった部分はUdemyのサイト内で質問することができます。

僕が特にオススメしたいのはUdemyです。
講座内では実際にサイトを作りながら勉強していくものが多く、サイト制作で必要なコードの知識が一通り学べます。
また、有料なので、「もったいないから頑張って続けよう」という気持ちになります(笑)

例えば、コーダー(フロントエンドエンジニア)を目指す人向けにはこのような講座が公開されています。
udemyのコーディングの講座の一例

基礎の基礎から中級者向けまで、「webサイトのコーディング」をテーマにした講座はたくさんあるので、内容やレビューを見ながら自分に合ってそうなものを選びましょう!

料金
有料(登録は無料)
※受講したい講座の動画を購入

通常2万円以上する教材が、2,000円代、1,000円代で買えるなど、頻繁にセールが開催されています。
こまめにチェックすることをオススメします!

Point

  • 自分のレベルに合った講座が探せる
  • 動画なので自分のペースで進められる
  • 気に入った講座を何度でも見て復習できる

こんな人にオススメ

  • HTML、CSS、JavaScript初心者・中級者
  • 分からないことは講師に質問したい
  • プロによる解説が聞きたい

ドットインストール

詳解HTML 基礎タグ編
詳解CSS 基礎スタイリング編

動画を見ながらひたすらコードを書いて覚えていくスタイルです。
自分でエディター(コードを書くツール)を用意する必要がありますが、ツールを用意する方法も動画で説明されています。

もくもくと勉強したい、という人にオススメです。

料金
無料(一部有料)

Point

  • 老舗教材。web制作の現場でも新人向けに推奨されている
  • 基礎を1つ1つ丁寧に学べる

こんな人にオススメ

  • HTML、CSS、JavaScript初心者
  • 動画での勉強が好きな人
  • 1つ1つのタグをしっかりと学びたい人



本から学ぶ

web上で勉強するより、本を見ながら学びたい!という人向けのおすすめ教材を紹介します。
どちらも丁寧に解説された本なので、amazonのレビューなどを見て自分に合っていそうな本を選びましょう。

1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座

webサイトの仕組みから丁寧に解説されており、初心者でも挫折しづらい内容になっています。
初めてHTMLとCSSを学ぶ方に定番の一冊です。

スラスラわかるHTML&CSSのきほん

1つのサイトを作成しながら、htmlとcssの書き方を学んでいきます。
スクールの教科書としても使われており、内容がしっかりした本です。

Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門

htmlとcssの勉強を少し進めている人は、次に"jQuery"の勉強をしましょう。
webサイトに動きを付けるための技術で、現場では必須のスキルの1つです。

jQueryはこちらの本がおすすめです。
通称「ドーナツ本」で、この本で学んだ現役コーダーも多いです。

専門のスクール等で学ぶ

一人で黙々と勉強を進めるのは挫折しそう…という方は、スクールで学ぶのもオススメです。

SHElikes(女性限定)

SHElikesは、現役の講師陣による「未経験から仕事を受けられるようになるレベルのレッスン」をオンラインで受けられるサービス。

Webデザイン(コーディング)・Webマーケティング・ライティングなど、PC1つで仕事ができるスキルを学ぶことができます。
18種類もある講座が受け放題なので、htmlコーディングだけではなく、ワードプレスや動画制作なども学べます!
また、「お仕事の受け方」が学べる講座もあり、受講後にフリーランスとして働くことを考えてる人にもオススメです。

少しでも気になったら、無料の体験レッスンで気軽に試してみましょう!

PC一つで自由に働きたい方へ。未経験者向けWEBスクール【SHElikes】

まとめ

コーダーになるためには、コーディングスキルを身につけることが必要です。
勉強には主に以下の3つの方法があります。

  • webで学ぶ
  • 本で学ぶ
  • スクールで学ぶ

スキルの習得には「継続」が必要です。
何事にも言えますが、ひたすら地道にTry&Errorを重ねるしかありません。

初めのうちは訳が分からないことばかりなのは当たり前!僕も初めはそうでした。
しかし、諦めずに続ければ、できなかったことも必ずできるようになります。
この経験を繰り返すことで成功体験を蓄積し、自信をつけていくことが大事です。

コーディングスキルをさらに伸ばすための、具体的な勉強法についてはこちらの記事もオススメです。

【初心者向け】コーディングが上達する勉強法を現役コーダーが教えます

それでは!

この記事を書いた人

moga

moga

現役のフロントエンドエンジニア。HTML/CSSはもちろん、JavaScriptも得意。主に初心者コーダー向けに記事を書いています。

Ads



-Web, コーディング

Copyright© mogaBlog , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.